トラブル改善のために保険相談【ヘルプ・サポート活用】

3人の人

相談を行なう

保険相談が出始めた理由について

最近人、保険相談と言う言葉をよく聞くと思います。この保険相談と言うのはかつてはあまり聞くことがありませんでしたが最近になってインターネットの広告や新聞の広告などでもよく見かけるようになりました。保険には生命保険やがん保険、入院保険などがありますが、かつてはこのような保険は保険セールスマンによる勧誘によって契約をとってきていたのです。ですがこの勧誘による方法はあまりにも不評だったのです。これは保険に限らず、宗教の勧誘もネットワークビジネスの勧誘も、相手からすれば迷惑行為であることも多く、また勧誘に対して身構えてしまうというのが普通の人のとる行動です。保険の勧誘と宗教の勧誘だけは勘弁してくれと言う言葉があるように、勧誘自体は次第に減少してきました。

保険の相談が広まった理由

またインターネットの発達もあります。インターネットにより情報共有することで、勧誘の危険性や問題点なども多くの人が知るようになりました。これにより保険会社の契約数は減少していくわけですが、保険会社としても新たな方法を考えだしたのです。それが保険相談です。保険相談は、顧客の方から保険相談窓口に赴いて、自分にぴったりの保険はどれが良いのかということを相談員に相談するという方法です。その結果自分にぴったりの保険があれば、その場で契約できるというものです。ですが、当初はそのような方法が本当に上手くいくかと言う疑問もありました。わざわざ顧客が保険の相談についてくるとは思えなかったからです。ところが意外にも顧客はわざわざ保険の相談に来る人がたくさんいました。これは不況の影響で給料が減少し、生活費から考え直さなければならないという状況の人が多かったからです。